top of page

念願のアーユルヴェーダリトリートツアー②

今回、滞在するアーユルヴェーダ施設は、スリランカ北東部/アヌラーダプラにあるADHITYA/アーディティヤ


スリランカ伝承のヘラウェダカマ×アーユルヴェーダの融合された治療を受けることができるスリランカ屈指のラグジュアリーなアーユルヴェーダ病院です。


日本を出発し、到着した初日は、ニゴンボのインド洋に面したリゾートホテルに滞在。

 

スーパーマーケットで、トイレ休憩やショッピングを楽しみながら4時間ほど、バスを走らせ、ADHITYAへ到着しました。




ホテルのかわいらしいスタッフさんからきれいなお花を頂き、そのまま、お釈迦様が鎮座するところへご挨拶。

仏教国スリランカへ来たならば、まずはお釈迦様への無時の到着やご挨拶することで、歓迎を受けます。きっとスリランカで守られた素敵な滞在ができることでしょう。




スリランカでは良いことの始まり際の儀式とされるオイルランプへ火を灯します。

 

火を灯すと心が穏やかになりますね。




レストランで昼食を済ませた後、この日は女医さんによるコンサルテーションを受けて頂きました。


そして、待ちに待ったアーユルヴェーダのトリートメントをご堪能。飛行機や車での長かった移動の疲れを癒していきました。


上記のお写真は、ハーバルバス。温度はややぬるめですが、セラピストさんが丁寧に胸や肩のところへハーバル湯を流し続けてくれて、本当に贅沢で癒される発汗セラピーです。





今回のリトリートツアーでのお食事は、大体がビュッフェスタイル。

前回のツアーではセットメニューでしたので、私的に飽きないか、とても心配していましたがその必要は無用でした。


ホテル側も飽きないように毎日、違った演出やバリエーション豊富な食べ物をご用意してくださり、本当に贅沢で毎回の食事が楽しみの1つとなりました。

動物性の食べ物は、白身魚だけだったと思います。(鶏肉を食べた記憶がない)

今後の記事のアップの際にもできるだけ、お写真をお見せしたいと思います。


ご覧の通り、デザートも豪華です。自然な着色とあまり甘くなく罪悪ゼロデザート。  

こんなにも手の込んだデザートをアーユルヴェーダ施設で食べれるのは、ADHITYAだけ!!


アーユルヴェーダ施設選びで気になるのが食事です。

 

これは、スリランカアーユルヴェーダを何度も受けた方々が一番に気にするところではないでしょか。(このご質問を受けることが多いです。)


私は、アーユルヴェーダ施設を含めて、スリランカのいろんなところで食事を頂いてきてますが、ADHITYAの食事は、コロンボの街でレストランをやっていたら毎回食べに行きたいくなるほど、美味しい。


しかもオーガニックで添加されていない安全な健康食で最高です。


日頃、便秘がちな私はリトリートツアー中、ゲスト様の通訳やサポートに徹しているので一切、トリートメントを受けていないのですが、ADHITYAの食事を頂くだけでもお通じが良くなるので、デトックス効果の恩恵を頂きました♡


リトリートツアー③へ続く。。。











Comments


bottom of page